下腹部の強い痛みが主訴となる病には、盲腸と間違うことの多い大腸憩室症、石ができる尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、卵巣の病気等が聞かれます。
トコトリエノールの作用の中では酸化を防ぐ作用が殊更認知されていますが、他にも肌をきれいにする効果や、血清コレステロールの産生を抑制したりするということが認められています。
「体脂肪率(percent of body fat )」というのは、人の体内の脂肪の溜まっている比率を指し、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重(キロ)×100」という式によって調べられます。
基礎代謝(Basal Metabolism、BM)とは人間が動かずにじっとしていても使用するエネルギー量のことで、大部分を全身の骨格筋・一番大きな臓器である肝臓・大量の糖質を必要とする脳の3種類が占めると考えられているようです。
ご高齢の方や慢性的に病気を患っている人は、一際肺炎になりやすく治るのに時間がかかる傾向にあるので、予め予防する意識や早め早めの手当が大切なのです。

バイキンやウィルスなどの病気をもたらす病原微生物、すなわち病原体が肺の中へ忍び入り発病してしまい、肺そのものが炎症反応を起こした様子を「肺炎」と診断しています。
以上はこのサイトに書いてあるとおりです。
緊張性頭痛というのはデスクワークなどでの肩こりや首のこりから起こる患者数が多い頭痛で、「頭をギューっと締め付けられるような強い痛み」「重苦しい耐え難い痛さ」と言われています。
ピリドキサールは、色々なアミノ酸をクエン酸回路と呼ばれているエネルギー源を燃やすために欠かせない回路に入れるためにもっとクラッキングさせるのを促す機能もあると言われています。
「肝機能の減衰」は、血液検査のGOTやGPT、γ-GTP(ガンマGTP)等3つの値でモニタリングできますが、ここ最近では肝機能が充分ではない人が徐々に増加傾向にあるということが判明しています。
いんきんたむし(陰金田虫)とは、医学上は股部白癬(こぶはくせん)と呼んでおり、かびの一種の白癬菌が陰嚢(いんのう)や股部、尻などの部位に感染してしまい、定着する感染症であり簡単に言うと水虫のことです。

学校・幼稚園などの団体行動をするにあたって、花粉症が要因で他の皆と一緒に外で楽しく走り回ることができないのは、子どもにとっても残念なことです。
めまいが起こらず、しつこく不快な耳鳴りと低音域の難聴の症状だけを複数回発症する症例のことを「蝸牛(カタツムリ)型メニエール氏病(Cochlear Meniere’s Disease)」と診断する事例があるということはあまり知られていません。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新薬の特許が切れてから約30日後には、製薬市場の80%が後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)に変更される飲み薬もあるほど、ジェネリック医薬品(後発医薬品)は世界各国で親しまれているという現実があります。
ハーバード医科大学の研究によると、通常のコーヒーと比較して毎日2杯よりも多くノンカフェインコーヒーを代用すれば、あの直腸がんの発生率を半分以上は減らせたということが明らかになっている。
AIDSはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染が原因となって罹患するウイルス感染症の病名であって、免疫不全に至り些細な細菌などが原因の日和見感染やがんなどを併発してしまう病状のことを指し示しています。