くしゃみや鼻みず、鼻詰まりに目のかゆみ・異物が入っているような感覚などの花粉症の嫌な症状は、アレルギーを誘発する花粉の飛ぶ量に追従したかのように酷くなってしまう傾向があるとわかっています。
杉花粉症などの緒症状(鼻みず、鼻詰まり、連発するクシャミなど)のために夜間よく眠れない場合、それが要因で慢性的な睡眠不足となり、次の日起床してからの業務内容にダメージを及ぼすこともあるのです。
常在細菌であるブドウ球菌(ブドウキュウキン、staphylococcus)は紫に染色されるグラム陽性球菌で、毒の強力な黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と毒が脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)が存在するのです。
ジェネリック医薬品(generic drug)というのは新薬の特許が失効してしまった後に販売される、新薬と同じ成分で金銭的な自己負担が小さい(クスリ代が廉価な)後発医薬品そのものです。
若年層で感染症である結核に抗えるだけの免疫力、すなわち抵抗力の無い人々の割合が高いことや、受診が遅れることなどが原因のアウトブレイク・院内感染が増えていると言われています。

まず間違いなく水虫といえば足を連想し、中でも足の裏にみられる病気だという認識が定着していますが、原因菌である白癬菌が感染する場所は足しかないのではなく、全身どの部位にも感染してしまう危険性があるので注意してください。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは皮脂分泌の異常によって出る湿疹で、分泌が異常をきたす素因としては性ステロイドホルモンのバランスの乱れやナイアシンなどビタミンB複合体の不足などが大きいと考えられているのです。
悪性腫瘍の一種である卵巣ガンは、正常なら人をガンにさせない役割をする物質を生み出すための鋳型ともいえる遺伝子の不具合によって起こるとのことです
世界保健機関は、紫外線A波の無理な浴び過ぎは皮ふ病を誘引する可能性が高いとして、19歳未満の人がファッション感覚で日サロ(日焼けサロン)を利用する活動の禁止を強く提起しています。
万が一検査で残念ながら女性ホルモンの分泌量が基準値を下回っており早期閉経(premature menopause)と判明した場合、不十分な女性ホルモンを補充してあげる治療等で良くなります。

音楽会やライブなどの開催場所やダンスするための広場などに置かれている巨大なスピーカーの真ん前で大きな音を聞いて耳が聞こえづらくなることを「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と言っています。
チアミン不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、主に四肢が痺れるような感覚があったり脚のむくみなどが中心で、発症から時間が経ってしまうと、最も重症の場合、呼吸困難に至る心不全などを発症する可能性があるとのことです。
ハーバード医科大学の調査によれば、1日あたり2~3杯はデカフェのコーヒーで代用すると、直腸癌の発症率を半分以上は減少させることができたらしい。
UV-B波は、UV-A波に比べると波長が短いので大気中に存在するオゾン層を通過する際に一部が吸収されるのですが、地上まで届いたUV-B波は皮膚の表皮の内部で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を傷つけてしまうなど、皮ふに悪い影響をもたらすと言われています。
いんきんたむしという病気は20~30代の男性患者が多く、基本的には股間の辺りにのみ広がり、激しく運動したり、お風呂から上がった後など体が熱くなると強いかゆみを起こします。
ところで、こちらのシャンプーは薄毛対策になります。