めまいは起こらないのに、苦痛を伴う耳鳴りと低音域の難聴の症状のみを数回発症するタイプの事を区別して「蝸牛(カタツムリ)型メヌエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」というようなケースも多いようです。
下腹の痛みをよく起こす疾患には、虫垂炎と間違われやすい大腸憩室症、尿管などに石ができる尿路結石症、原因不明の潰瘍性大腸炎、夜間でもすぐ救急にかかった方が良い急性腹膜炎、子宮の病気など、色々な部位の病気が挙がるようです。
男性だけにある内臓の前立腺はその生育や働きにアンドロゲン、即ち男性ホルモンが密接に関係していて、前立腺に出現してしまった癌も同様に、アンドロゲン(男性ホルモン)によって大きくなってしまいます。
花粉症の病状(鼻みず、鼻づまり、くしゃみ等)のせいで夜よく眠れない場合、それが要因で慢性的な睡眠不足に陥り、次の日起きてからの業務に思わしくない影響を及ぼすこともあります。
胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、食事内容の欧米化や能動喫煙・アルコールの常飲・肥満症などの生活習慣が変化したこと、ストレスなどに縁り、近年日本人に多い病気だということができます。

脚気(かっけ)の症状は、主に手や脚がしびれるような感覚があったり脚の浮腫などがよく見られ、症状が進行すると、最悪のケースでは呼吸困難に陥る心不全などを起こす可能性があります。
ところで、こちらのシャンプーは薄毛対策になります。
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を有している血液、精液をはじめ、母乳、腟分泌液などのあらゆる体液が、看病する人等の粘膜や傷口に接触した場合、HIV感染のリスクが高くなります。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)に存在する血糖値に深く関与しているβ細胞が損傷を受けてしまうことが原因で、患者の膵臓からほとんどインスリンが出なくなって発症してしまうタイプの糖尿病です。
耳鳴りには種類があって、本人しか感じないという特徴を持った「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音のように本人だけでなく他の人にも品質の高いマイクロホンを使用したりすると聞こえてくるような「他覚的耳鳴り」があるそうです。
陰金田虫というのは、医学的には股部白癬(コブハクセン)という病名で、白癬菌というかびが陰嚢(いんのう)や股間、尻などに感染、もしくは定着してしまう感染症であり水虫のことなのです。

暴飲暴食、太り過ぎ、喫煙、運動不足、遺伝、日々のストレス、高齢化などの複数の原因によって、インスリン分泌が鈍くなったり、働きが鈍くなったりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病を発症します。
期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、病気ではなくても症状が見られることがあるので難しい病気ではないにしても、発作が数回次から次へと起こるケースは危険です。
結核をもたらす結核菌は、菌を保有している人が咳き込むことによって空間に撒かれ、空気中でフワフワと移動しているのを誰かが空気と一緒に吸い込むことによってどんどん感染していきます。
お年を召した方や病を患っている人は、殊に肺炎を発症しやすくてなかなか治らない傾向にあるので、予め予防する意識やスピーディな治療が肝要です。
虚血性心疾患の心筋梗塞は心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化によって血管の中が細くなってしまい、血液の流れが途切れ、欠かせない酸素や栄養が心筋まで送られず、筋細胞自体が機能しなくなる大変怖い病気です。