転職活動をどのような方法で行うのか?
転職成功率の高い転職エージェントに複数登録して
あらゆる情報を入手することが大切です

限られた転職先企業情報だけで人生を決定するのはあまりにも惜しいですね!

求人募集している入社可能な優良企業情報のあらゆる情報を集めることが第一歩です

転職業界No.1のリクルートエージェントは非公開情報だけでも137,000件も保有しています

日本だけでなく、外資系企業情報まで驚異的な情報網で転職のプロ集団が情報収集しているのです

個人一人でいくら頑張っても、その情報量は比較出来るレベルではありません

今の転職市場は、優良な転職エージェントに複数登録することによって
あらゆる転職可能な優良企業情報を入手することができます

この膨大な情報を選別することさえ不可能な情報量なのです

そこで転職エージェント会社は、キャリアアドバイザーなどの名称で
転職希望登録した会員個別に専任のキャリアアドバイザーが担当することにしているのです

彼らは転職のプロです

あらゆる情報を顧客に提供して、転職成功へと持っていくのが仕事です

転職者の登録は無料で費用は0円です

転職エージェント会社は、紹介した求人企業から手数料を取ります

キャリアアドバイザーは転職のプロ集団です

そして転職業界の営業職でもあります

転職希望者を、求人企業に送り込んで初めて成功報酬を得られ、

営業成績となるのです

当然すべての転職エージェントが就業希望者100%の味方ではありません

需要と供給のバランスを見定め

如何に最大利益を確保するか?

それくらいの計算は折り込み済と理解しましょう!

彼らにとっても難しいのは、転職者・求人企業・自社の利益

全て丸く収めなければならないバランス感覚です

転職希望者としても

如何に良好な人間関係をキャリアアドバイザーと築き上げられるか?

ココでも人間関係が重要なポイントになってきます

 

人間関係には本能的な相性が存在することも否定できません

そこに転職エージェント同時複数登録のポイントがあるのです

 

大手ほど優秀な転職コンサルはそろっています

大手ほど早い段階で大きな仕事を任せます

大手の若くして任命されたキャリアアドバイザーはレベルは最高です

 

でもなたと馬があるとは限らないのです

ビジネスと割り切ることも大切ですが

複数の転職エージェントから

複数の転職キャリアアドバイザーを担当してもらって

一番転職成功に直結する期待が持てるキャリアアドバイザーに絞り込んで

一気に内定合格を勝ち取る工程が必要です

 

転職するなら本気で取り組まないと

相手も動きません

 

ダメならまたゆっくり探せばいい!

そんな緩い気持ちでは優良企業への転職成功はありえないのです

転職エージェントに複数登録する本当の理由

優秀な人材を求人企業は求めている

これは間違いのない事実です

 

これは間違った思い込みです↓

  • 優良な人材は大手転職エージェントからだけ紹介されてくる!
  • 大手転職エージェント以外に優勝な転職者はいない!
  • 中小の二流転職エージェントが紹介する人材は優秀ではない

 

いい人材はどこから来るかわからない

これが事実なのです

 

だから優良な求人企業は

求人紹介する転職エージェントを1社だけに絞りません

 

建て前は別として

あらゆる求人紹介会社との面識は持っています

 

転職エージェントの企業担当営業マンは

キッチリコネクションを持っています

 

だから同じ求人情報が

大手転職サイトで同時期に見かけるのです

 

非公開求人情報?

一見非公開だから一社だけと思いがちですが

大手転職エージェント全社が

非公開求人扱いにしている可能性は否定できません

 

なぜなら求人企業は

転職エージェント一社に絞り込むメリットは少ないからです

 

入札と同じで競争を煽らないと成功報酬減額交渉なんてできないからです

 

今の時代、旧社長時代からの取引を優先した1社だけの取引を

固執している求人企業があるなら

偏った社風や企業文化が蔓延している可能性があるので

就職は将来性を見越して見送る方が賢明と言えます

 

ある程度の規模がある転職エージェントなら

必ずあなたに最適な求人企業情報を持っています

 

なぜ出さないかって?

それは

あなたに対する評価が

情報を情報を受け取るに足りないから・・・

 

価値ある優良情報は

価値ある求職者に提示して

優良企業との良好な取引関係を構築すること

転職エージェントの当たり前の姿です

 

自分の身の丈以上の求人情報だけを求める姿勢が問われるところですね・・・

転職エージェントはあなたを求人企業に紹介するときに

紹介状を作成します

 

もちろん職務経歴書の書類通過が第一関門ですから

多少の下駄を履かせてくれます

 

但し、評価の上乗せにも限度があります

偽りの好評かがないことを理由に

転職エージェントを恨むのは

本末転倒です

 

文句を言う前に

自分のキャリアを磨くことに専念してください

 

本人の継続的な努力と

未来を見定めた仕事に対するゆるぎない姿勢が

評価されているだけなのです

 

転職成功率に寄与できる資質とスキルがあれば

いずれの転職エージェントを利用しても

同じ結果が期待でします

但し、キャリアアドバイザーとの相性の問題が大きいので

信頼できるキャリアアドバイザーを見つけることが大切なのです