職エージェントランキングを探して番号順に並んでいる転職サイトや転職エージェントって、
本当にその番号に意味があるのでしょうか?
誰もがそう思うわけではありませんが、
ネットに流れている色んな情報を集計してみても、
必ずランキング通りにすべての人が

転職成功することはありません!

人の顔が異なるように

全ての人が全く同じ人生を歩み

同じ趣味や食べ物で満足することは全くありませんね・・・

でもそこには大きな枠組みで括ると

それなりの色分けができることは確かです

それでも

人類70億人の数だけ異なったキャラクターがあるのですから

大まかな色分け程度で

全く何もないよりまし、と思っておくべきです

それよりも中身を自分なりに理解して

共感できるタイプのものを参考に方向付けすればいいだけのことだと思います

 

最もネットに流れる情報は

サイトを作る会社や個人の文化や風土

考え方に大きく左右されるものであり

もっと大切なポイントは

作成者の資質やスキルレベルが重要だと思います

情報過多の時代

何事においても取捨選択のスキルも要求されるわけですね・・・

 

転職エージェントランキング比較

転職エージェントを比較するときに知っておくべき基本とは

転職エージェントと

転職サイトの違いです

転職サイトというのは、転職者が転職サイトに登録して

自分で求人情報をサイト内から選び出し

自分でその求人企業に応募するタイプのサイトです

気ままに誰に相談することもなく

自由に転職先を選び出し

都合の良い時間や日程を設定できるので

ストレスなく求人企業の応募できるので

人の手を借りずに自力で転職したい人には最適な転職方法です

 

転職エージェントは

キャリアアドバイザ制度に申し込んだ転職希望者に対し

専任のキャリアアドバイザーが個別対応します

求人紹介から職務経歴書の添削から

面談対策など

内定獲得に結び付く手厚いサポートが無料で受けられる制度です

内定決定後の勤務条件の確認から

年収交渉まで幅広いサポーとが受けられるます

 

一人で不安になりがちは転職活動が

専任のキャリアアドバイザーによるサポートを受けながら

間違いのない方向へ進めるので

利用者にとっても大変有益な制度と言えるでしょう

但しハッキリ言えることは

いかなる転職エージェントであっても

公益法人でもない限り

営利企業ですから

転職者が紹介企業に就職すれば

手数料が支払われます

その額はなんと年収の約30%という高額な金額です

エージェントのキャリアアドバイザーと言えどもサラリーマンです

業績を上げなければ生き残れません

彼らも必死で求人企業に転職者を送り込もうとします

それを有利とするのか?

利益の亡者というのか?

それはあなた次第なのです

少しでも有利な条件の優良企業を探し出し

必死で就職活動を応援してもらい

実績のある一流上場企業のプロの転職コンサルのお墨付きに

上場企業である転職エージェントのお墨付きをもらった

推薦状を添付して

おまけに下駄まだ履かせてもらって

職務経歴書を提出するのですから

相手が…求人企業名が著名な大手企業であっても

いや、大手企業であるほど

採用担当者は過去の実績にこだわるので

今まで優秀なヘッドハンティングや

キャリアアドバイザーを通して人材採用で実績を上げた来ただけに

あなたが履かせた貰った大風呂敷・・・

間違いました、

大きな下駄の効力は確かに無視できない力を持っているのです。

だから平均25%しか通過しない

転職者の書類選考でも

楽に通過することになります

でも心配はいりません

面接対策も彼らにとっては万全です

どの企業が

そのようなスタンスで

何を質問するのかってことまで分かっているのですから

ハッキリ言って

転職エージェントの一流サイトに登録して

専任のキャリアアドバイザーのサポートを受ける実利はココにあるのです

 

彼らは求人企業と密接した取引関係を持っています

採用担当者が自らの責任でもってすべての判断をして

転職者の合否を決めるより

過去から現在に至るまで

多数の人材を送り込んできた一流人材紹介エージェントに

依頼した方が責任も軽く

仕事もスムースで楽だからです

いわゆる転職エージェントっていうのは

採用担当者にとっては外注先ですね・・・

 

そして大切なのはココからです

キャリアアドバイザーにとってもハズレの人間を一流企業には送り込みたくないのは自明の論理です

下駄を履かせてくれるだけの資質とスキル、それに入社後の転職先企業でどれほどの貢献数値が期待できるのか?

ココが彼らにとっても重要なのです

キャリアアドバイザーにとっても次の仕事に結びつく可能性を秘めた転職者を紹介先に送り込むことぐらいは考えています

結局は、あなた自身の熱意と転職後の貢献度の期待度が、優良企業のシークレット情報を提示できるか、否かの別れ目になっているのです

そのためにも

キャリアアドバイザーとの人間関係は最も重要です

だから、店所幾エージェントの同時複数登録をして

まず最初に優秀な専任のキャリアアドバイザーを見つけることが先決です

いい人間関係を構築し

このキャリアアドバイザーがいいと決まれば

一人に絞り込んで交渉担当者とすればいいだけのことです

担当者が信頼できなけらば

いい転職交渉は期待できません

一社つぶして

ダメなら次の一社に登録する

そんな悠長なことでは

一流企業へキャリアアップは困難だと言えるのが転職業界の姿なのです

ですから転職エージェントランキングとは

大手転職エージェント2~3社と

IT関連や^医療などに特化したエージェント1~2社だけという事になり

どの転職エージェントが何位だとか

何番目とかいうことは意味がないのです

要は自分との相性が合うキャリアアドバイザーを探すことが最重要です

 

良く転職者が不安に思う転職先企業の

離職率とか定着率の数値情報の公開請求など

欲しいですが

転職エージェントにとって

真剣に収集しても意味がないのです

あまり情報を求めても入手期待はしない方がいいと思います

離職率に高い企業を並べると

その会社に人材を送りたくても

転職者が応募したくなくなるからです

それ以前に転職エージェントは

そんなこと調べる本気度は持っていないのです

 

さらに言えばキャリアアドバイザーから聞いた企業風土と

実際に転職後に肌で感じた当該転職企業の企業風土は

全く異なっていた、という事も無きにしも非ずです

 

転職希望者は常に

自己責任で膨大な情報を一瞬にして判断し

決定する能力を普段から鍛え上げるしかありません

これもスキルであり

スキルなければ転職後に待っているのは

後悔以外ありません

 

転職は人生での大きなターニングポイントです

全力で取り組む姿勢を再確認して下さい!

 

そして転職後の企業文化や社風まで見極める能力は

転職者に要求されていることも十分意識しましょう

 

転職エージェントが

あなたの転職後の失敗まで

責任を負うことは一切ありません

 

リクルート 転職エージェントランキング

リクルートの転職エージェントと言えば

リクルートキャリアが運営するリクルートエージェントがNo.1の位置を占めています

大手だけあって求人紹介数は多いエージェントです

転職者の約50%が利用しているサイト

 

  • 高収入キャリアアップ
  • TOEIC700点

ならぜひ登録したいですね・・・・

 

非公開求人137,000件確保しているだけあっって

一人当たりの求人紹介件数が多いので

転職を急ぐ方には最適なエージェントです

 

リクルートエージェントの特徴は

求人企業に提出する書類作成のサポート

専任キャラアドバイザーによるサポート

企業面接の日程調節

面接対策のサポート

など、内定合格に直結しているポイントを押さえたアドバイスに定評があります

 

転職エージェントランキング リクナビ

リクナビnextはリクルートエージェントと同じく

リクルートキャリアが運営する転職サイトです

リクナビnextはリクルートエージェントと異なり

転職サイトに登録して

めぼしい求人先企業へ直接応募するタイプの転職サイトです

実際に転職した人の約8割がリクナビnextを利用しているというから、

名実ともに日本最大級の転職サイトです

リクナビnextへは毎週2万人以上が新規登録しています

リクナビnext ではグッドポイント診断やリクナビnext プライベートオファーなど

リクナビnext 掲載されている求人内容の魅力だけでなく
リクナビnext の会員数からわかるようにリクナビnext アプリも魅力がありよく使われています

リクナビnextの イベントは有名な転職フェアがあります

20代~30代の転職者だけでなく

40代~50代の転職者にもよく利用されている求人情報です

 

転職エージェントランキング関西

転職エージェントランキング女性