30代 転職成功のコツは?
30代 転職は20代転職と異なりスキルや具体的な仕事の実績が要求されます

さらにマネジメント能力とプレイヤーとしての数値責任も達成する必要があります

30代 転職者を募集する求人企業の募集背景は
穴の開いたポジションに転職者をすっぽりはめ込むこと

空席を埋められるスキルと期待に応え得る転職屋を採用することが目的です

生半可な転職志向で務まるポジションではありません
採用するサイドは教育する意向はまず皆無と考えていいでしょう

つまり即戦力になる穴埋め人材が欲しいのです

だからこそ転職エージェントを通して必要なスキルと同企業の仕事実績のある転職者を募集しているのです

採用サイドとして
転職エージェントのキャリアアドバイザーによる条件交渉
つまり年収額や勤務条件など
要求にこたえることが多々あります

普通に考えて
もっと収入を増やせ!という要求や交渉に簡単に企業が応じるなんてことは考えれません

求人サイドにとって需要なポストに欠員が出たのだから
今すぐにでも穴埋めする必要があり
緊急募集しているわけです

それもあまり公に募集する訳にもいきません
そこに超大手転職エージェントの非公開求人という願ってもないシステムに乗っかって
どうしても至急穴埋めすべきポストを非公開求人として募集しているのです

年収アップを要望されると承諾してでも確保したい人材ならOKという事になります
他の社員とのバランスがあるので

非公開求人で対応する必要があったのです

いずれにせよ
年収アップの交渉に乗っかてくることからしても
該当ポジションの人材が当該企業にとってはかなり重要なわけです

だから年収交渉に戸惑うことはないのです
持ちつもたれつですね・・・

あなたのスキルの市場価値があるのです

大手転職エージェントに登録してみると
自分市場価値が明確にわかります

今後の方向性を決定する有益な尺度にもなり
何よりも自分の位置がはっきりわかることが重要なのです

実際の30代転職理由には傾向があります

結婚家庭教育など出費の多い年代です

単に収入増だけの目的で転職すると

デメリットで悲鳴を上げる結果になりかねません

 

転職理由はこれ!

  • 会社の将来性の問題(経営者の能力不足・上司が無能・業績悪化など)
  • やりたい仕事がしたい
  • 収入が低い
  • Uターン転職
  • Iターン転職
  • 市場価値を高めたい
  • 業界への不安
  • 雇用形態の変更
  • 専門知識や技術力をキャリアアップで習得したい
  • 労働条件の問題(残業・公休取れない)