40代 転職ならハイクラス転職を希望される転職者は少なくありません
ハイクラス転職にはそれなりの経験とスキルが要求されます
20代の転職は将来を見越しての若者像で乗り切れる時期ですが
40代転職はスキルと具体的成果、部下に対する教育能力、リーダーシップ等が求めれれる年齢です
採用する企業は転職者を即戦力てして採用します
会社業績への貢献度につながるプレイヤーとしての数値責任とマネージェーとしてのマネジメント力が要求されることになります
社会人としていてある程度の経験を積み、磨かれたスキルと成果を上げた体験と能力を生かせるスキルアップの転職をしたくなる年齢が30代 転職という事になります
自分能力をより高めたい、そんな希望が脳裏によぎる年齢です
40代転職では、持ち家の購入や子供の教育費、老後の生活費など多彩な出費が発生する年代です
キャリアパスを十分にイメージして慎重に転職活動を進める必要があります
40代転職でキャリアアップで収入増やす、あるいは高収入を目指す転職は
同業種・同職種での転職が一番安全です
今まで養ってきたスキルを発揮することで高収入を目指すのですから・・・
逆に40代の転職で
異業種異業界へキャリアチェンジするなら収入はそれなりにダウンする覚悟が必要です

40代 転職 資格

40代 転職に備える 資格を知ることが方向を決めるのに役立つ
転職は年齢とともに難しくなるので
転職に有利な資格を取得しておく必要があります
新しい仕事に備えて資格も準備しておくことです
まず一番気になるのが
40代からのスタートで資格取得ができるのか?
例えば思いつくのが士業の資格!
でも最初にすべきは自分のスキルと経験の棚卸しと整理!
過去に経験した仕事も整理すること
自分の経験から強みと弱みを理解すること
そして将来の方向性を見つめ
5年先から10年後と設計する
自分の将来像が描ければ
どんな資格が必要か見えてくる

  • 不動産関連か?
  • 医療関係か?
  • IT関連なのか?
  • 経理関係なのか
  • 経営を学ぶべきなのか?

その時に転職に役立つ資格を取得することがポイントですね・・・

不動産関連に

不動産関連に進むなら
宅地建物取引士や土地家屋調査士とマンション管理士・管理業務主任者などの資格があります
宅建士の資格は5人に一人は営業所に置く必要があり役立つ可能性が高い資格です
宅建資格は金融や建築関係でも仕事の武器に使えるので役立つ可能性は高い資格です

医療・介護関係

医療事務や介護福祉士とケアマネージャー・医療事務・調剤薬局事務・介護事務など人気の資格が多い分野です
医療や介護の仕事は人で不足も著しく
資格取得の支援もかなりあり
本気の挑戦には結果が出やすい資格とも言えます
医療事務や調剤薬局事務・介護事務は比較的初心者でも取り組みやすい資格です
これらの資格を生かした職場は全国の地域にありますから
地域にとらわれずに就業できるメリットもあります
コミュニケーションや人と接することが好きな方には向いている仕事です

経営関係

経営関連の資格は普段の職務から役立つことが多い資格です
中小企業診断士や簿記検定・社会保険労務士などが代表的な資格です
中でも中小企業診断士の資格は難易度も高いですが
知識そのものがビジネスに役立つので資格取得に挑戦したい資格です
企業経営から会計・財務・経営法務など仕事のキャリアアップにも役立つので仕事のポジションをワンランクアップしたい方に最適です

40代 転職 女性

40代女性の 転職 支援サービスも多くなっています
40代はキャリア経験も多く転職に最適な年齢でです
40代後半になると事務職経験等のスキルが必要となり求人数はぐんと減ります
経験のある職種への応募が無難だと言えます

40代 転職 公務員

40代 転職サイト

40代 転職 失敗

40代 転職エージェント

40代 転職 スーツ

40代 転職 未経験 資格

40代 転職回数